2月の和みかふぇ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

和みかふぇ~認知症の方、介護をする方、地域の方・・・みんなの和みの場~

主催:認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

2月15日(日) 13時~16時(開場:12時50分)

第1部:13時~、 第2部(途中入退場自由):14時半~

認知症患者の家族になって数年が経ちました。

ある日突然、自分自身が働きながら親の介護を行う立場になり、認知症への理解不足、

介護に関する情報収集の大変さ、介護の悩みを話せる相手がいないことを痛感しました。

そして、認知症や介護に関する情報や想いを分かち合える場が身近にあったらいいな、と思ってきました。

認知症の方も介護をする方も、地域の方たちとの温かいかかわりの中で安心して過ごせる、

そんな場として毎月第三日曜の午後に“和みかふぇ”をオープンします。

どなたでも参加できます。お仲間同士でも、おひとりでも、気軽にお立ち寄りください。

(美浜区在住 和みかふぇ代表 まえざわ)

和みかふぇ201501-03月案内

*

日 時: 2015年2月15日(日) 13:00~16:00(開場 12:50)

第1部(情報で和む)「認知症の方の災害への備え」 13:00~

第2部(会話で和む) カフェ交流会(お茶&お菓子付) 14:30~ 

和みかふぇ10月

・第1部「認知症の方の災害への備え」は、千葉市役所の方をお招きし、

市内の災害時の支援体制や災害への備えについて説明していただきます。

 

私が働きながら、認知症の父と暮らし始めて1カ月、東日本大震災が起きました。

当時の勤務先は、自宅から新幹線を使い片道2時間の場所。その日は自宅に帰ることができず、

メールもつながりにくかったため、父がどうしているか心配でした。

夜に妹から父が無事に家にいると聞き、どれほど安心したことでしょう。

 

災害時の避難場所で、認知症の方を介護する方たちが、困っている声をテレビなどで聞くことがあります。

認知症の方は環境変化に対応できないため、落ち着かなくなるのです。

 

この機会に、認知症の方が日ごろからどのようなことに気をつけて災害に備えたらよいか、

災害時の市内の支援体制はどのようになっているのかなどを知り、

災害への備えの一助にしてください。ぜひお気軽に、ご参加ください。

・第2部のカフェ交流会は途中入退場自由です。お話しても、聴くだけでも。

・第1部のみ、第2部のみの参加もOK。どうぞ、お気軽に!               

場 所: cafe どんぐりの木

参加費: 300円(1部のみ、2部のみでも同額です)

*事前の申し込みは不要です。

主 催: 認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

共 催: cafeどんぐりの木

お問い合わせ: 電 話 043-277-2639 (まえざわ)

不在の場合は留守電へ連絡先を入れてください。

     メール mae_753@crux.ocn.ne.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントは受け付けていません。

cafe どんぐりの木

1-DSC01370
○カフェ営業日  
  月・火・金・土
  (祝日はお休みです)
  11:30~17:30

○電話-FAX043-301-2439

○場 所  
千葉市美浜区高洲1-16-46
・京葉線稲毛海岸駅から
 徒歩8分
・京葉線稲毛海岸駅南口・ 
 5番バス停から2つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・京成稲毛駅から徒歩12分
・総武線稲毛駅・西口・
 1番のバス停から3つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・駐車場1台分あります。
 近くにコインパーキング
 (30分200円)あり。
・お天気のよい日は自転車・
 歩きもおすすめです。