フォトジャーナリスト山本宗補氏のスライドトーク

2016●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

3月17日(土)13:30~

フォトジャーナリスト山本宗補やまもとむねすけのスライドトーク

「いのち」

~命と憲法が見える原発事故・戦争の現場~ 

2011年3月11日の原発事故の翌日から現地に入り、取材を続けて来られた山本氏。

どんぐりの木では3回目のお話会です。

事故から7年たった被災地の今と、まだ終わっていない戦争の記憶と、

未来へつなぐ想いを、今年も写真に載せて語っていただきます。

「山本宗補の雑記帳」 http://asama888.cocolog-nifty.com/

【日 時】 2018.3.17(土)

13:00 開 場

13:30~14:40 山本氏のお話とスライドショー

14:50~15:50 山本氏を囲んで茶話会(質疑応答)

【会 場】 cafeどんぐりの木  千葉市美浜区高洲1-16-46

【参加費】 1000円(お茶つき) 高校生以下無料

*山本氏の活動へのカンパも受け付けています。

【お申し込み・お問い合わせ】 cafeどんぐりの木

TEL&FAX043-301-2439

メール donguri35506@yahoo.co.jp

*お子様連れOK(託児はありません)。お子様連れの方もそうでない方も、

みなさまがよい時間をすごせますようご協力をお願いします。

山本宗補(やまもとむねすけ)氏プロフィール

1953年長野県生まれ。フォトジャーナリスト。

日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員。

85年からフィリピン、88年からビルマ(ミャンマー)軍事政権下の少数民族や

民主化闘争を取材。日本国内では「老い」と「戦争の記憶」のテーマで取材。

「3.11」の翌日から福島県に入り、広河隆一氏らフリーランスの仲間6人で

原発周辺での放射能汚染の実態を伝え、原発事故と大津波の被災地に通い続ける。

また、市民による反(脱)原発や政府の改憲の動きに抗議する活動を積極的に取材。

主 著

51vFHaIUC-L[1] 刻まれた加害と被害の記憶戦後はまだ・・・

「父・水上勉をあるく」(2015年 彩流社)

「戦後はまだ・・・刻まれた加害と被害の記憶」(2013年 彩流社)

第19回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞

「鎮魂と抗い・3.11後を生きる人びと」(2012年 渓流社)

「また、あした -日本列島 老いの風景-」(2006年 アートン)

「世界の戦場から:フィリピン 最底辺を生きる」(2003年 岩波書店)

ほか多数。
*当日は山本氏の写真集の販売もあります。

A4版 5000円
A5版 2700円

【主 催】cafeどんぐりの木 【共 催】どんぐり映画館、よりみちカフェ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントは受け付けていません。

cafe どんぐりの木

1-DSC01370
○カフェ営業日  
  月・火・金・土
  (祝日はお休みです)
  11:30~17:30

○電話-FAX043-301-2439

○場 所  
千葉市美浜区高洲1-16-46
・京葉線稲毛海岸駅から
 徒歩8分
・京葉線稲毛海岸駅南口・ 
 5番バス停から2つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・京成稲毛駅から徒歩12分
・総武線稲毛駅・西口・
 1番のバス停から3つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・駐車場1台分あります。
 近くにコインパーキング
 (30分200円)あり。
・お天気のよい日は自転車・
 歩きもおすすめです。