カレンダー
2023年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ

8月, 2023

『杜人』上映会

2023●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『杜人』(もりびと)上映会

~環境再生医 矢野智徳の挑戦~

9月10日(

①10時(大人と子どもの部)

*大人の方、また、お子さま連れの方はこちらの回へどうぞ

②14時半(大人の部)満席。キャンセル待ち受付中。

*小学校高学年以上

杜人メイン(チラシ用)小

杜人サブ2 矢野

ある人は「地球の医者」と呼び、ある人は「ナウシカのよう」と言う。

人間よりも自然に従う風変わりな造園家に3年間密着。

全国で頻発する豪雨災害は本当に「天災」なのか?

風のように草を刈り、イノシシのように大地を掘って

環境問題の根幹に風穴をあける奇跡のドキュメンタリー。

 

大地の呼吸を守ることはみんなの命を守ること

 

地球のお医者さん矢野智徳氏とともに

身の回りにある自然に目を向け、耳を傾けませんか。

みなさんとご一緒できることを楽しみにお待ちしています♪

 

『杜人』(撮影監督・前田せつ子/101分/2022年)
 ホームページ→https://lingkaranfilms.com/

 

【日時】9月10日()①10:00 ②14:30(開場30分前)

①お子様連れの方はこちらへどうぞ(大人の方のみもOK)

10:00~11:45 上映

11:45~12:45 おはなしタイム(お時間のある方はどうぞ)

②大人の方対象の上映会になります(小学校高学年以上OK)

14:30~16:15 上映

16:15~17:15 おはなしタイム(お時間のある方はどうぞ)

【料金】大人1500円 学生500円 中学生以下無料

*飲食物お持ち込み自由(ごみはお持ち帰り下さい)

*ドリンク注文できます。(500円)

(フェアトレードのコーヒー・紅茶、信州りんごジュースなど)

【定員】20名ほど

【会場・お申込み】cafeどんぐりの木・どんぐり映画館

✉️メール donguriecorisu@gmail.com

件名を「杜人上映会」として、本文に1~3を明記してください。

1 氏名

2 同伴の方の氏名(お子さんは年齢も)

3 電話番号

4 ご希望の回 ①か②

*お申し込み後3日以内に返信がない場合はお手数ですがお電話をお願いします。

電話 043-386-4468 (留守電にメッセージと電話番号をはっきりとお願いします)

 

【主催】福島美紀・笑里  【共催】どんぐり映画館・cafeどんぐりの木
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『荒野に希望の灯をともす』キャンドルの日上映会

2023●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『荒野に希望の灯をともす』⑤キャンドルの日上映会

~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~

9月11日(月)10:00

Amazon.co.jp | 荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~ DVD・ブルーレイ -中村医師ドキュメンタリー映画公開へ!塚本晋也「今、全ての人が見るべきドキュメンタリーだ」 | 映画ログプラス

アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や戦乱、そして干ばつに 苦しむ人々に寄り添いながら命を救い、生きる手助けをしてきた医師・中村哲。

NGO平和医療団日本(PMS) を率いて、医療支援と用水路の建設を行ってきた。
活動において特筆すべきことは、その長さだけでなく、支援の姿勢がまったくぶ れることなく、一貫していたことだ。一連の活動は世界 から高く評価され、中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。

いま、アフガニスタンに建設した用水路群の水が、かつての干ばつの大地を恵み豊かな緑野に変え、65万人の命を支えている。

しかし、2019年12月。用水路建設現場へ向かう途中、中村医師は何者かの凶弾 に倒れた。その突然の死は多くの人々に深い悲しみをもたらした。
だが、一方で 私たちに強く問いかけ もする。 中村医師が命を賭して遺した物は何なのか、その視線の先に目指していたものは何なのか。

『荒野に希望の灯をともす』(撮影監督・谷津賢二/88分)
*今回の作品は劇場版とほとんど同じですが、一部違いがありますのでご了承ください。
 劇場版公式ホームページ http://kouya.ndn-news.co.jp/

【日時】9月11日(月)(開場9:45)

10:00~11:30 上映

11:30~12:30 映画のあとのじかん(お時間のある方はどうぞ)

【料金】大人999円 学生500円 中学生以下無料

*1ドリンクオーダーお願いします。

(フェアトレードの東ティモールコーヒー・紅茶、信州りんごジュースなど)

*お弁当など飲食物お持ち込み自由(ごみはお持ち帰り下さい)

【定員】15名ほど

【会場・お申込み】cafeどんぐりの木・どんぐり映画館

✉️メール donguriecorisu@gmail.com

件名を「荒野に希望の灯を灯ともす」として、本文に1~3を明記してください。

1 氏名

2 同伴の方の氏名

3 電話番号

*お申し込み後3日以内に返信がない場合はお手数ですがお電話をお願いします。

☎電話 043-386-4468 (留守電の時はメッセージと電話番号をお願いします)

◆中村哲(なかむら・てつ)

1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。医師。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州(現パクトゥンクワ州)の州都ペシャワールに赴任。以来ハンセン病を中心とした貧民層の診療に携わる。1986年からはアフガン難民のための医療事業を開始、アフガン東部山岳地帯に三つの診療所を設立。98年には基地病院PMSをペシャワールに建設。2000年以降は、アフガニスタンを襲った大干ばつ対策のための水源確保事業を実践。さらに02年春からアフガン東部山村での長期的復興計画「アフガン・緑の大地計画」を開始、03年3月からは灌漑水利計画に着手、07年4月第1期工事完成。2019年現在、灌漑面積約1万6千5百ヘクタール。年間診療数約8万人(2006年度)。
著書に、『ペシャワールにて』『ダラエ・ヌールへの道』『医は国境を越えて』『医者 井戸を掘る』『辺境で診る 辺境から見る』 『医者、用水路を拓く』(以上石風社)、『アフガニスタンの診療所から』(ちくま文庫)、『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束』(澤地久枝氏との対談 岩波書店)、『天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い』(NHK出版)、などがある。
ペシャワール会現地代表、PMS(平和医療団・日本)総院長として現地事業を指揮。2019年12月4日、アフガニスタン・ジャララバードで、凶弾に斃れる。享年73歳。

*観たいけど日時が合わないという方、ご相談下さい。

*2022年10/11、11/6、2023年1/12、5/11、9/11の上映会の参加費の一部と

みなさまからのカンパを合わせて50000円をペシャワール会へ寄付しました。

みなさまのあたたかいお気持ちありがとうございました。

【主催】どんぐり映画館  【共催】cafeどんぐりの木

キャンドルの日『帰省する音楽』~絵と音の即興演奏会~

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

キャンドルの日・小畑亮吾ライブ

『帰省する音楽』~絵と音の即興演奏会

演奏者発熱のため中止となりました(8/10)

8月11日(金・祝)15時~(開場14時半)

満席。キャンセル待ち受付中。

kisei2023

今年もやります811の稲毛海岸どんぐりの木。

12年目となる今回は久しぶりにゲストを招いての開催です。

全国各地で一緒にパフォーマンスをしてきた絵描きの矢野ミチルさん、千葉に縁を持つ音楽家の宮内優里さん、

ずっとお呼びしたかった2人を交えて贅沢な会になりそうです。

音に耳を傾けながら、目の前に描かれていく大きな絵も楽しむ。

夏の午後、絵と音が緩やかに反応し合う時間をご一緒しましょう。

(by小畑亮吾)

 

毎月11日はキャンドルの日。

~近くの君と過ごす喜びの日を

遠くの誰かに分けられますように~

 

【日時】2023年8月11日(金・祝)

 開場 14:30 / 開演 15:00

【会場】cafeどんぐりの木

【演奏】小畑亮吾、宮内優里

【ライブペインティング】矢野ミチル

【チケット】一般¥3,000(+1ドリンク)

小中学生¥1,500/未就学児無料

【詳細&予約】

下記フォームより必要事項を明記の上、送信ください。

*予約フォーム https://rygk.tumblr.com/811

*店舗予約 cafeどんぐりの木 メールdonguri35506@yahoo.co.jp

3日以内に返信がない場合は043-386-4468にお電話をお願いします。

 

【PROFILE】

〇小畑亮吾 

kisei2023小畑亮吾

音楽家/ヴァイオリン弾き/シンガーソングライター

ヴァイオリン一梃弾き語り。リアルタイムサンプリングを用いたプレイを得意とするストリングストロニカ音楽家。

映像や絵画、舞台、植物といった様々な分野とのコラボレーションやインプロビゼーションなど全環境型パフォーマンスを行う。

また、自身を再生装置とした時報インスタレーション『夕刻のヴァイオリン弾き』を各地で行い生演奏に触れる場を拡張し続けている。

【すみだ向島EXPO】【ととのう温泉美術館】などの芸術祭での時報演奏の他、山形県大石田町では防災無線を使った実際の町の時報音楽も手がける。

 

平野絢士監督のファッションフィルム【LEPUS CORNUTUS】などの音楽、カナダのAliison

Mooreのニューメディアアート【向島ジオラマ】での即興演奏、上野の森美術館で行われた【THE WORLD OF

UKIYO-E】の空間サウンドデザインなども担当した。

http://goomi.jp/rygk/

 

〇宮内優里

kisei2023宮内優里

音楽作家。1983年生まれ。千葉県八街市在住。2006年にRallye

LabelよりCDデビュー。生楽器の演奏とプログラミングを織り交ぜた、有機的な電子音楽の制作を得意とする。最新作は2023年リリースの「Instruments

2」。ライブ演奏では即興での多重録音によるパフォーマンスを行う。WORLD HAPPINESS、FUJI ROCK

FESTIVALなどにも出演。近年はBGM演奏という形の活動もしており、全国の美術館、図書館または書店など、様々な場所で演奏をしている。自身の活動以外では、映画「岬のマヨイガ」(監督:川面真也

/ CV:芦田愛菜ほか / 原作:柏葉幸子)、映画「リトル・フォレスト」(監督:森淳一 / 出演:橋本愛ほか /

原作:五十嵐大介)などの映画音楽をはじめ、NHK・Eテレ「あおきいろ」、「Q~こどものための哲学」や、ドラマ・舞台・CMなどの音楽や空間BGMの設計など、様々な形で音楽制作・楽曲提供を行っている。KENJI

KIHARAとの音楽プロジェクト「BGM LAB.」や、映像作家・川嶋鉄工所との映像制作ユニット「MIYAGAWATEC」などでも活動中。

https://miyauchiyuri.com/

 

〇矢野ミチル

kisei2023矢野ミチル

無意識下のイメージを描き続ける蠍座の画家。茅ヶ崎に生まれ、2014年に東京から瀬戸内の因島に移住する。自動筆記画集「色を歩く」や「夢意識のオラクルカード」を出版。N-qia、CLOUD

NI9E、キスミワコ、ふらむきりん など数多くのアルバムアートワークを担当する。屋号はアトリエ可視光線。

www.yanomichiru.net

 

【主催】小畑亮吾、cafeどんぐりの木

【共催】どんぐり映画館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cafe どんぐりの木

1-DSC01370
○イベント営業日 不定期
・月の予定をご覧ください。
・ただいまランチ・お茶は
 お休み中です。
 
○電話-FAX 043-386-4468

○場 所  
千葉市美浜区高洲1-16-46
・京葉線稲毛海岸駅から
 徒歩8分
・京葉線稲毛海岸駅南口・ 
 5番バス停から2つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・京成稲毛駅から徒歩12分
・総武線稲毛駅・西口・
 1番のバス停か3つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・近くにコインパーキング
 あります
・お天気のよい日は自転車・
 歩きもおすすめです