カレンダー
2022年9月
« 8月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

9月, 2022

『荒野に希望の灯をともす』上映会

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

『荒野に希望の灯をともす』上映会

~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~

10月11日と11月6日の上映会の参加費の一部と

みなさまからのカンパを合わせて

25000円をペシャワール会へ寄付しました。

みなさまのあたたかいお気持ちありがとうございました。

11月5日(土)10:00

Amazon.co.jp | 荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~ DVD・ブルーレイ -中村医師ドキュメンタリー映画公開へ!塚本晋也「今、全ての人が見るべきドキュメンタリーだ」 | 映画ログプラス

アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や戦乱、そして干ばつに 苦しむ人々に寄り添いながら命を救い、生きる手助けをしてきた医師・中村哲。

NGO平和医療団日本(PMS) を率いて、医療支援と用水路の建設を行ってきた。
活動において特筆すべきことは、その長さだけでなく、支援の姿勢がまったくぶ れることなく、一貫していたことだ。一連の活動は世界 から高く評価され、中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。

いま、アフガニスタンに建設した用水路群の水が、かつての干ばつの大地を恵み豊かな緑野に変え、65万人の命を支えている。

しかし、2019年12月。用水路建設現場へ向かう途中、中村医師は何者かの凶弾 に倒れた。その突然の死は多くの人々に深い悲しみをもたらした。
だが、一方で 私たちに強く問いかけ もする。 中村医師が命を賭して遺した物は何なのか、その視線の先に目指していたものは何なのか。

『荒野に希望の灯をともす』(撮影監督・谷津賢二/88分)
*今回の作品は劇場版とほとんど同じですが、一部違いがありますのでご了承ください。
 劇場版公式ホームページ http://kouya.ndn-news.co.jp/

*観たいけど日時が合わないという方、ご相談下さい。

【日時】11月5日(土)10:00(開場10:00)

10:00~11:30 上映

11:30~12:30 映画のあとのじかん(お時間のある方はどうぞ)

【料金】大人999円 学生500円 中学生以下無料

*1ドリンクオーダーお願いします。

(フェアトレードの東ティモールコーヒー・紅茶、信州りんごジュースなど)

*お弁当など飲食物お持ち込み自由(ごみはお持ち帰り下さい)

【定員】20名ほど

【会場・お申込み】cafeどんぐりの木・どんぐり映画館

donguri35506@yahoo.co.jp       でんわ・FAX 043-386-4468

*留守電の場合はメッセージとお電話番号をお願いします。

◆中村哲(なかむら・てつ)

1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。医師。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州(現パクトゥンクワ州)の州都ペシャワールに赴任。以来ハンセン病を中心とした貧民層の診療に携わる。1986年からはアフガン難民のための医療事業を開始、アフガン東部山岳地帯に三つの診療所を設立。98年には基地病院PMSをペシャワールに建設。2000年以降は、アフガニスタンを襲った大干ばつ対策のための水源確保事業を実践。さらに02年春からアフガン東部山村での長期的復興計画「アフガン・緑の大地計画」を開始、03年3月からは灌漑水利計画に着手、07年4月第1期工事完成。2019年現在、灌漑面積約1万6千5百ヘクタール。年間診療数約8万人(2006年度)。
著書に、『ペシャワールにて』『ダラエ・ヌールへの道』『医は国境を越えて』『医者 井戸を掘る』『辺境で診る 辺境から見る』 『医者、用水路を拓く』(以上石風社)、『アフガニスタンの診療所から』(ちくま文庫)、『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束』(澤地久枝氏との対談 岩波書店)、『天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い』(NHK出版)、などがある。
ペシャワール会現地代表、PMS(平和医療団・日本)総院長として現地事業を指揮。2019年12月4日、アフガニスタン・ジャララバードで、凶弾に斃れる。享年73歳。

【主催】どんぐり映画館  【共催】cafeどんぐりの木

**ひなカフェ**

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

**ひなカフェ**

毎月第1金曜日 10:30~

10/7、11/4、12/2・・・

体調を整えてお越しくださいね。お待ちしています(*^^*)

ひなどりわらべうた絵本35629トリミング

わらべうたや絵本を楽しむ時間です。

まだひよっこの赤ちゃん、まだひよっこのおかあさんおとうさん、

ひなから一緒に育っていきましょう。

毎回わらべうたをひとつだけ覚えてお土産に!

時 間:(オープン10:15、クローズ11:45)

10時半頃 わらべうた、赤ちゃん絵本を楽しむ時間

お子さんのご機嫌に合わせてゆったりと。

11時過ぎ どうぞごゆっくりの時間

おしゃべりしたり、絵本をみたり、ごゆっくり。

*子育ての本や絵本の貸し出しもしています。

*おしめ替え、授乳など、ご自由にどうぞ。

*マスクの着用はご自由に。

顔の表情を見ることを大切にしたいのでスタッフはマスクはつけません。

参加費:無料 予約はいりません

対 象:赤ちゃんや小さなお子さんと保護者の方

(母、父、祖母、祖父、そのほか小さい人のそばにいる人)

その他:ごゆっくりの時間に飲み物やお弁当のお持ち込みOKです。

(11:45クローズにご協力お願いします。)

「おはなしの部屋どんぐり」もどうぞ(絵本とお話を楽しむ時間)

主 催:お話の部屋どんぐり  共 催:cafeどんぐりの木

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

憲法おしゃべりカフェ

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

「憲法おしゃべりカフェ」

毎月第3土曜日 13:30~15:30

「憲法おしゃべりカフェ」は、気軽にお茶を飲みながら、

憲法のことをおしゃべりしましょう、という集まりです。

憲法ってなあに?何のためにあるの?

素朴な疑問や、ふだん気になっていることなどを話したり、

弁護士の伊藤真さんの冊子を読みあったり・・

憲法かるたや憲法占いなど楽しいアイテムも(*^^*)

誰でも、いつからでも、ご参加頂けます。

 

<日 時>毎月第3土曜日13時半~15時半頃(開場は10分前)

*時々変更あり。間近にご確認下さい。

<会 場>cafeどんぐりの木

<参加費>無料 *1ドリンクオーダーお願いします。

*資料を使うときは資料代200~300円程度

<定 員>特になし

<その他>*託児はありませんが、お子様連れ歓迎です。

<お申し込み・お問い合わせ>

ナカノザキ 043-243-8603

cafeどんぐりの木電話・FAX 043-386-4468

メール donguri35506@yahoo.co.jp

*3日たっても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡下さいませ。

<主 催>憲法っていいなキャンペーン実行委員会

<共 催>よりみちカフェ、cafeどんぐりの木

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和みかふぇ11月

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

和みかふぇ

~認知症の方、介護をする方、地域の方・・・みんなの和みの場~

主催:認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

11月20日(日)13:30~15:30(開場:13:20)

※5月から、開催時間および終了時間が変更になりますので、ご了承ください。

※zoomによるオンラインでの参加もできます。(要事前連絡)

20187月

認知症患者の家族になって数年が経ちました。

ある日突然、自分自身が働きながら親の介護を行う立場になり、

認知症への理解不足、介護に関する情報収集の大変さ、

介護の悩みを話せる相手がいないことを痛感しました。

そして、認知症や介護に関する情報や想いを分かち合える場が身近にあったらいいな、と思い、

毎月第三日曜日と第三土曜日の午後に“和みかふぇ”を開催しています。

介護の話や認知症の話、最近の出来事、今回の和みかふぇの内容の話など。。。

毎回のように参加してくださる方も、初めての方も、久しぶりの方も、

みんなで優しいひと時を過ごしています。

どなたでも参加できます。お仲間同士でも、おひとりでも、気軽にお立ち寄りください。

一緒に温かい時間を過ごしましょう。

(美浜区在住 和みかふぇ代表 まえざわ)

日 時:11月20日( 13:30~15:30(開場13:20)

【スケジュール】

13:30 開場

13:40~15:00 ミニセミナー「アロマと回想法体験」

15:00~15:30 カフェタイム

 

「回想法」とは、懐かしい想い出語りをすることで脳を活性化し、

プラス思考の生きる力を引き出す方法です。

アロマで、秋の香りを楽しみながら、想い出語りをしませんか。

またなぜ、回想法が人を生き生きさせるのか、体験してみましょう!

zoomによるオンラインでの参加もできます。どなたでも参加できます。お気軽に。

場 所: cafe どんぐりの木

参加費:200円

※参加費のほかにお店のお飲み物を一つご注文ください。(500円程度)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数制限をしています。事前の申し込みをお願いします。

Zoomによるオンラインでの参加も、事前のお申し込みをお願いします。

※発熱や風邪の症状がある方は、参加をご遠慮ください。

※参加の際はマスク着用をお願いします。

申し込み・お問い合わせ: 電 話 043-277-2639(まえざわ)

不在の場合は留守電へ連絡先を入れてください。

メール mae_753@crux.ocn.ne.jp

主 催: 認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

共 催: cafeどんぐりの木

毎月第3土曜日「おしゃべり和み会」を開催しています

気軽におしゃべりしにいらしてください。

次回は11月19日(土)13時半~15時半です。

詳しくは<こちら>

憲法はじめの一歩11月

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

11月17日(木)10時~12時(開場15分前)

よりみちカフェ 「憲法はじめの一歩」~わたしたちの暮らしと憲法~

”ロシア連邦・ウクライナ紛争(Russian Federation・Ukraine)”を世界史として考える

      話し手 川鍋光弘さん(元高校社会科教師)

 ROOTS WORLD PRO 自然 ロシア・ウクライナ

「まさか」とか「またか」とか信じられないような戦争が始まって

既に9ヶ月になりますが、どうなるのか全く分かりません。

書店にはいろいろな書物がさまざまな主張をしているようですが、

決定的な意見はないようです。

話題として元世界史教師の考えを報告しますので討論しましょう!

(by川鍋光弘)

<日 時>11月17日(木)10時~12時(開場15分前)

*終了後1時間ほど交流の時間をとります。

お時間のある方はどうぞお弁当をお持ち下さい。

<会場・定員>cafeどんぐりの木、15名ほど  

*体調不良の方は次の機会に!

<参加費>1000円(三年番茶付き)30歳以下無料

<会場・お申し込み>cafeどんぐりの木

メール donguri35506@yahoo.co.jp

*3日たっても返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡下さいませ。

電話・FAX 043-386-4468

*留守電の場合はご連絡先をはっきりと入れてください。

<主 催>よりみちカフェ  <共 催>cafeどんぐりの木

*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和みかふぇ10月

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

和みかふぇ

~認知症の方、介護をする方、地域の方・・・みんなの和みの場~

主催:認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

10月16日(日)13:30~15:30(開場:13:20)

※5月から、開催時間および終了時間が変更になりますので、ご了承ください。

※zoomによるオンラインでの参加もできます。(要事前連絡)

20187月

認知症患者の家族になって数年が経ちました。

ある日突然、自分自身が働きながら親の介護を行う立場になり、

認知症への理解不足、介護に関する情報収集の大変さ、

介護の悩みを話せる相手がいないことを痛感しました。

そして、認知症や介護に関する情報や想いを分かち合える場が身近にあったらいいな、と思い、

毎月第三日曜日と第三土曜日の午後に“和みかふぇ”を開催しています。

介護の話や認知症の話、最近の出来事、今回の和みかふぇの内容の話など。。。

毎回のように参加してくださる方も、初めての方も、久しぶりの方も、

みんなで優しいひと時を過ごしています。

どなたでも参加できます。お仲間同士でも、おひとりでも、気軽にお立ち寄りください。

一緒に温かい時間を過ごしましょう。

(美浜区在住 和みかふぇ代表 まえざわ)

日 時:10月16日( 13:30~15:30(開場13:20)

【スケジュール】

13:20 開場

13:40~14:30 ミニセミナー「小規模多機能型居住介護ってなに?」

14:30~15:30 カフェタイム

 

皆さんは「小規模多機能型居住介護」という介護サービスをご存知でしょうか。

最期まで自宅で暮らしたいという思いに応えるサービスです。

「通い」「宿泊」「訪問」というサービスを組み合わせて、自宅で継続して生活するために必要な支援を行います。

今回は、このサービスを提供する事業所の方をお招きし、どのようなサービスかお話を伺います。

zoomによるオンラインでの参加もできます。どなたでも参加できます。お気軽に。

 

場 所: cafe どんぐりの木

参加費:200円

※お店のお飲み物を一つご注文ください。(500円程度)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人数制限をしています。事前の申し込みをお願いします。

Zoomによるオンラインでの参加も、事前のお申し込みをお願いします。

※発熱や風邪の症状がある方は、参加をご遠慮ください。

※参加の際はマスク着用をお願いします。

申し込み・お問い合わせ: 電 話 043-277-2639(まえざわ)

不在の場合は留守電へ連絡先を入れてください。

メール mae_753@crux.ocn.ne.jp

主 催: 認知症わかり合いの会「和みかふぇ」

共 催: cafeどんぐりの木

毎月第3土曜日「おしゃべり和み会」を開催しています

気軽におしゃべりしにいらしてください。

次回は10月15日(土)13時半~15時半です。

詳しくは<こちら>

うたカフェ

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

うたカフェ

~主催~ 吉岡由貴(ピアノ) 

毎月第1木曜日 13:00~15:00

*予約制です。

誰もが知っている童謡、抒情歌。日本の愛唱歌を中心に、今話題の新しい歌まで、

歌いやすい曲を選んで皆さんで声を合わせて歌います。

 

日 時:毎月第1木曜日(時々変更あり)13時~15時

場 所:カフェどんぐりの木

費 用:1000円 *ドリンクご希望があればご自由にどうぞ(500円)

使用歌集:『心のうた』野ばら社刊(初回参加の方は千円でご購入頂きます)

お申込み・お問い合わせ:吉岡 由貴 yukiyuutamiu@docomo.ne.jp  090・4399・9681

定員:先着15名さま

 

ピアノ:吉岡 由貴

国立音楽大学ピアノ科卒。童謡サークルや声楽家の伴奏、音楽教室やコーラスの指導などを通じて

たくさんの方々に気軽に歌に親しんで頂くのをモットーとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歌JIN声 

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

歌JIN声 

主催:歌人声 

毎月第2金曜日 14:00~16:00

要予約

DSC05817

♫お庭が素敵なお店です。

スリッパの用意もありますが、

ルームシューズや靴下などお持ちいただいても・・・

素足も気持ちいいですよ~。

独自の貸し歌集がございます。

時 間:(開場は15分前です)

14:00~16:00

参加費:1000円*ドリンクご希望があればご自由にどうぞ(500円)

お願いごと:

①ウイルス感染についてはご自身で

出来るだけの予防をなさって下さい

②ご自分又はご家族に体調不良の方が居られる場合は

ご参加を見合わせて下さい

③マスク、フェイスシールド、

マウスシールド等の着用をお願いします

④飲み物は各自、ご持参下さい

⑤各回、限定10名様とせて頂きますので

事前に堤の携帯    08065224038迄 予約をなさって下さい

⑥当日、会場での各種対策にはどうぞご協力下さいませ(..)

会場:cafeどんぐりの木

ピアノ&司会:ツツミ

お問い合わせ:080-6522-4038(ツツミ)

主催:歌人声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月11月の予定

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

*10月11月のカフェ営業(ランチ&お茶)はお休みです* 

10月

5(水)10:00「アラビアンモーニングトークSHOW」 11月29日に延期になりました

6(木)13:00「うたカフェ」

7(金)10:30「ひなカフェ」

11(火)13:30キャンドルの日「荒野に希望の灯をともす」上映会

14(金)14:00「歌JIN声」

15(土)10:30「おはなしの部屋 どんぐり」

13:30「憲法おしゃべりカフェ」   今月はお休みです

13:30「おしゃべり和み会」 

16()13:30「和みかふぇ」~認知症の方、介護をする方、地域の方・・・みんなの和みの場~

20(木)10:00「憲法はじめの一歩」

31(月)10:30「インド占星術連続初級講座」

11月

3(木・)13:00「うたカフェ」

4(金)10:30「ひなカフェ」

5(土)10:00「荒野に希望の灯をともす」上映会

6()14:00「住まいの勉強会」(主催:ハクモン建設)

11(金)14:00「歌JIN声」

13()ぽっぽの市「お話の部屋どんぐり」出展(稲岸公園)

17(木)10:00「憲法はじめの一歩」

19(土)10:30「おはなしの部屋 どんぐり」

13:30「憲法おしゃべりカフェ」

13:30「おしゃべり和み会」 

20()13:30「和みかふぇ」~認知症の方、介護をする方、地域の方・・・みんなの和みの場~

22(火)10:00「今どきのたべものお話会」

28(月)10:30「インド占星術連続初級講座」

29(火)10:00「アラビアンモーニングトークSHOW」

 

みどり色のタイトル はどんぐりの木主催・共催の催し物です。

**予定は変更になる場合がございますのご了承ください。**

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『荒野に希望の灯をともす』上映会

2022●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

キャンドルの日上映会

『荒野に希望の灯をともす』

~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~

*満席・キャンセル待ちです。

10月11日(火)13:30

10月1日の午前中に留守電にメッセージを入れてくださった女性の方、

お知らせいただいた電話番号が現在使われていないとのことで、連絡が付きません。

お手数ですが正確なお電話番号を再度入れていただくか、

メールでご連絡くださると助かります。

どうぞよろしくお願いします。(どんぐり映画館)

Amazon.co.jp | 荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~ DVD・ブルーレイ -中村医師ドキュメンタリー映画公開へ!塚本晋也「今、全ての人が見るべきドキュメンタリーだ」 | 映画ログプラス

アフガンに用水路建設した医師・中村哲の35年の軌跡追うドキュメンタリー公開(映画ナタリー) - Yahoo!ニュース

アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や戦乱、そして干ばつに 苦しむ人々に寄り添いながら命を救い、生きる手助けをしてきた医師・中村哲。

NGO平和医療団日本(PMS) を率いて、医療支援と用水路の建設を行ってきた。
活動において特筆すべきことは、その長さだけでなく、支援の姿勢がまったくぶ れることなく、一貫していたことだ。一連の活動は世界 から高く評価され、中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。

いま、アフガニスタンに建設した用水路群の水が、かつての干ばつの大地を恵み豊かな緑野に変え、65万人の命を支えている。

しかし、2019年12月。用水路建設現場へ向かう途中、中村医師は何者かの凶弾 に倒れた。その突然の死は多くの人々に深い悲しみをもたらした。
だが、一方で 私たちに強く問いかけ もする。 中村医師が命を賭して遺した物は何なのか、その視線の先に目指していたものは何なのか。

 

『荒野に希望の灯をともす』(撮影監督・谷津賢二/88分)
*今回の作品は劇場版とほとんど同じですが、一部違いがありますのでご了承ください。
 劇場版公式ホームページ http://kouya.ndn-news.co.jp/

*観たいけど日時が合わないという方、ご相談下さい。

 

【日時】10月11日(火)13:30(開場13:00)

13:30~15:00 上映

15:00~16:00 映画のあとのじかん(お時間のある方はどうぞ)

【料金】大人999円 学生500円 中学生以下無料

*1ドリンクオーダーお願いします。

(フェアトレードの東ティモールコーヒー・紅茶、信州りんごジュースなど)

*飲食物お持ち込み自由(ごみはお持ち帰り下さい)

【定員】20名ほど

【会場・お申込み】cafeどんぐりの木・どんぐり映画館

donguri35506@yahoo.co.jp       でんわ・FAX 043-386-4468

*留守電の場合はメッセージとお電話番号をお願いします。

◆中村哲(なかむら・てつ)

1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。医師。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州(現パクトゥンクワ州)の州都ペシャワールに赴任。以来ハンセン病を中心とした貧民層の診療に携わる。1986年からはアフガン難民のための医療事業を開始、アフガン東部山岳地帯に三つの診療所を設立。98年には基地病院PMSをペシャワールに建設。2000年以降は、アフガニスタンを襲った大干ばつ対策のための水源確保事業を実践。さらに02年春からアフガン東部山村での長期的復興計画「アフガン・緑の大地計画」を開始、03年3月からは灌漑水利計画に着手、07年4月第1期工事完成。2019年現在、灌漑面積約1万6千5百ヘクタール。年間診療数約8万人(2006年度)。
著書に、『ペシャワールにて』『ダラエ・ヌールへの道』『医は国境を越えて』『医者 井戸を掘る』『辺境で診る 辺境から見る』 『医者、用水路を拓く』(以上石風社)、『アフガニスタンの診療所から』(ちくま文庫)、『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束』(澤地久枝氏との対談 岩波書店)、『天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い』(NHK出版)、などがある。
ペシャワール会現地代表、PMS(平和医療団・日本)総院長として現地事業を指揮。2019年12月4日、アフガニスタン・ジャララバードで、凶弾に斃れる。享年73歳。

【主催】どんぐり映画館  【共催】cafeどんぐりの木
cafe どんぐりの木

1-DSC01370
○イベント営業日 不定期
・月の予定をご覧ください。
・ただいまランチ・お茶は
 お休み中です。
 
○電話-FAX 043-386-4468

○場 所  
千葉市美浜区高洲1-16-46
・京葉線稲毛海岸駅から
 徒歩8分
・京葉線稲毛海岸駅南口・ 
 5番バス停から2つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・京成稲毛駅から徒歩12分
・総武線稲毛駅・西口・
 1番のバス停か3つ目の
 停留所「稲岸公園」すぐ
・駐車場1台分あります
 近くにコインパーキング
 あります
・お天気のよい日は自転車・
 歩きもおすすめです